第97話 『煙草の話(三)、江戸の煙草の本』

 先日、書店で江戸の煙草について書かれた本を見つけた。

 煙草と塩の博物館から出ている本で、ペラペラとめくって見ると、本居宣長の『おもひくさ』、大槻磐水の『えん草』、清中亭叔親の『目さまし草』などについても書いてあったが、橘曙覧は出ていなかったようだ。

 大槻磐水は医者で、名を茂賀(しげたか)、磐水と号し、呼名を玄沢といった。

 磐水は『蘭学事始』で知られている杉田玄白と前野良沢について蘭学を学び、その後長崎に留学するなど更に研鑽を重ね、初めてオランダ語の読み方や解釈の仕方を説いたオランダ語文典とも云うべき『蘭学楷梯』を書いてその後の蘭学の普及に大いに貢献した人物である。

 磐水の俗稱の玄沢は二人の蘭学の師、杉田玄白と前野良沢の名を一字ずつ貰って付けたという。

 磐水は寛政六年閏十一月十一日、その日が太陽暦の一七九四年の一月一日に当たることから、友人の蘭学者たちを江戸京橋水谷町の自宅、芝蘭堂に招いて陽暦の新年を祝った。

 その時、磐水三十八才である。

 その後、毎年、新元会と稱して陽暦で新年を祝うことを続けたが、新元会は又、オランダ正月とも呼ばれた。

 森銑三先生に『オランダ正月』という名著がある。

 同書は子供向けに書かれた江戸の医者や科学者などの伝記で、その中に磐水も出ていてオランダ正月のことが書いてあり、それが本の題名になっている。

『オランダ正月』の見返しの所に市川岳山という杉田玄白の門人が書いた、寛政六年の第一回新元会(オランダ正月)の絵が載っている。

 三脚のチャブ台の前に二十八人の出席者が並んで坐っている。それとは別に、右上隅に洋服を着て帽子のような物をかぶった人物がパイプを持って一人だけ椅子にかけている。

 絵が小さいので、どれが誰なのか、よくわからない。

 椅子に坐っている洋服の人物は当日出席したといわれている大黒屋光太夫かもしれないし、その前に坐っているのが大槻磐水らしくみえるが、これだけでははっきりしたことはいえない。

 さて、磐水が書いた煙草の本『えん草』に話を戻すが、「えん草」とは煙草のことで、「えん」(草冠に焉)は大辞典でみると、「臭い草」とあり、これ一字でも煙草を表している。

 磐水の『えん草』は未見だが、漢文で書かれており、見たところでとても手に負えそうにない。

 その磐水の『えん草』を磐水の門人の清中亭叔親が、抜粋簡略化して普通のカナ交じり文にしたのが、『目さまし草』という本である。目さまし草も煙草の異稱である。

 『えん草』について『目さまし草』の中で、叔親は次のようにいっている。

「我磐水大人のえん録を編集し給ふは、此草の濫觴と主治功害を、詳に皇国の人、異国の人にも示し給はんとの素意厚情なり。然るに編中に、雅賞詩文煙具の諸図等に至るまでを雑集し給へる故に、全編を熟読ざるものは、ただ其諸図ある巻を見て、これ偏に好事者流の雑著の如く見ながす輩もありとか、然れどももとさるたぐひにはあらぬなり。

抑々我大人其本志の大いなる趣意といふものは、かかる太平に生れあへる人々、空しく其天年を損する事あらんを患ひ、全部三巻の通編を総括、其常に思ふ所を以て、巻尾に於て懇に説き給へるは、附考又余考といふものにあり。

然れどもこれ又から文字に綴りて、通俗のものにあらざれば、これを読み暁解もの少きか(以下略)」

 『目さまし草』の序文によると、清中亭叔親の家は

「五代の祖より、此大江戸に住て、国々のたばこをあつめ、世のわたらひとなせしを云々」

とあって、代々煙草商であったことがわかる。

 序文には更に、

「また(煙草)其功と害との有事は、つばらにしらざりしを、磐水大人のえむろく(『えん草』)といふ書には、其故よしをいとねもごろに記されたり。

(中略)さればこれをよまん人々、はじめて此草の本性をわきまへ、又此葉、生なるもほしつるも、べちにくさぐさの功能有事を知りなば、吸ひかをらす楽のみかは。世の大なる益ならましとてなり。

まいておのが家、代々、あきなひつる草にしあれば、いささか其徳にむくいんとて、かくはものすることとはなりぬ」

 その後に、文化十二年三月の日付がある。

 跋は磐水の息の磐里が漢文で書いているが、叔親について、「えんをひさぐを以て産を為す」と云い、『目さまし草』の叔親の草稿は不備で不完全なものだったが、本人がどうしても出したいというので、諸同志と謀って校正し、且つ、父の磐水の検閲を受けた、と書いている。

 本居宣長の『おもひくさ』は文学的な書だったが、この『目さまし草』は煙草の歴史や風俗の他、喫煙の功罪についても触れていて、煙草の実用書とでも云うべき本である。

 現在は、人体に対して煙草の功は全く無く、ただ害のみということになっているが、この時代はまだ種々の効用があると信じられていたようだ。

 ただ、陰虚、吐血、肺燥、労の人は吸ってはいけないとか、吸い過ぎには注意して家にいる時は長い管の煙管を用いよ、煙草の毒を解すには味噌が一番、などと書いてある。

 現代の医学の常識から見て随分可笑しな記述もあると思うが、総じて科学的な本は内容がすぐ陳腐化してしまう宿命にある。それだけ科学の進歩が速いということである。

 今、巻煙草を買うと、箱に「喫煙はあなたにとって肺気腫を悪化させる危険性を高めます」などと書いてある。

 煙草を吸わない者でも喫煙者の出す煙草の煙を吸う受動的喫煙で健康を損なうということで、公共の場所や建物ばかりでなく、一般のレストランやカフェまで禁煙の場所がどんどん増えている。

 その内、喫煙者は家でしか煙草が吸えなくなるかもしれない。

 一昨年亡くなった作家の吉村昭さんは、病状が進行して煙草を止めざるを得なくなるまで、大変なヘビースモーカーだった。

 その吉村さんから聞いた話。

 吉村さんには『日本医家伝』や『夜明けの雷鳴』など医学に関する作品も多く、各方面の医師の方々とも幅広いお付きあいがあったようだ。

 吉村さんがある著名なガンの権威のドクターと会った時のことである。(ドクターの名を吉村さんから聞いたが、失念した)

 その先生が煙草をプカプカ吸っているので、吉村さんは驚いて、

「先生、煙草を吸うとガンになるんじゃありませんか」

「そうです。喫煙者がガンになる確率は高いです」とドクターはこともなげにいって、「しかし、喫煙者は認知症になる確率が低いんですよ。私は煙草のせいでガンになるかもしれませんが、認知症にはなりたくないんでね」

 この話を煙草が止められない人にすると、大抵わが意を得たように喜ぶ。

 煙草を吸う、もっともらしい理由が見つかったからだろう。
終わり

コメントを残す