第136話 『柳橋芸者(三)、塚原昌義』

塚原重五郎という名は一般の人名事典には載っていない。

幕末、維新に関する人名事典には、出ているものもあれば、出ていないのもある。

吉川弘文館と東京堂のものには、その名があったが、同じような内容なので、吉川弘文館(『明治維新人名事典』)の記事を引用させて貰う。

「塚原昌義(つかはら まさよし)
諱、昌義、稱、藤助、治左衛門、重五郎。但馬守、若年寄、三〇〇俵、柳の間。
安政三年(1856)十月外国貿易取調掛に任ぜられ老中堀田正睦を助け、以後、主として外交面で活躍した。すなわち安政六年九月外国奉行支配調役の時、日米通商条約批准交換のため、わが国最初の海外派遣使節に随行を命ぜられた。その後外国奉行支配組頭、徒頭を経て、文久二年(1862)九月目付に任ぜられ、同年十二月講武所頭取に転じ、大砲組与頭を経て、元治元年(1864)八月再度目付となる。この間、幕府は横浜鎖港談判使節池田長発一行の結んだパリ約定の廃棄を宣言し、再び使節をパリに派遣することになり、その目付に任ぜられたが赴かずして終った。慶応元年(1865)二月大目付となり、翌年九月英国駐劄公使に選ばれたが、これまた赴かずに終った。その後も慶応二年(1866)十月外国奉行、勘定奉行兼帯、翌年6月外国総奉行並、十月外国総奉行、十二月若年寄並、外国総奉行兼帯と外交の第一線にあった。一方、内政面にあっては長州処分に厳しく臨み、慶応三年(1867)六月には兵庫開港に備えて商社を設立し、貿易発展を策すべきを建議するなど、幕府の富強を図り、さらに明治元年(1868)鳥羽伏見の戦いにあっては副総督として全軍を統率するなど、小栗忠順と共に親仏の幕府内強硬派であった。ために同年二月徳川慶喜より免職、登営停止の処分を受けた」

以上で、重五郎の生没年も書いてない。

東京堂の事典にも、「生没年不詳」と出ている。ただ、部屋住みの時に召し出されて書院番になったとある。

書院番というのは小姓組と共に御両番といわれ、旗本でも上流の将軍の側に仕える近衛兵といった役である。

渋柿園が書いている塚原重五郎のエピソードによると、重五郎は日光奉行をしていたことがあったようだが、そのことについての記載はいずれの人名事典にもない。

日光奉行は老中支配で、日光東照宮の警備と祭礼のほか、日光の民政、上野、下野の訴訟を取扱った。芙蓉の間席で、諸大夫で旗本の職だった。二千石高の職で、文化元年(1804)の武鑑によると、それに御役料五百俵とある。

定員三名だったというが、幕府直轄地の奉行であり、数ある奉行職の中でも要職といえそうである。

渋柿園が書いている、「例の筑波一揆」というものから、その時期を推定しようと思って調べたが、筑波というと天狗党の事件しか思い浮かばない。

とすると、元治元年(1864)のことになってしまう。

渋柿園によると、「重五郎はやがて日光奉行から種々の役を経て、後に外国の調役(しらべやく)になった」とあるので、安政三年十月に外国貿易調掛になる以前の話でないと可笑しい。

この件については、更に調べてみないとわからないが、この一件の重五郎の対応対処が評価されて、新しく生じた外交関連の役職に抜擢されたのかもしれない。

重五郎は外国奉行支配調役の安政六年(1859)九月、日米通商条約批准交換のため、米国に行くわが国最初に海外派遣使節の随行を命ぜられた。

正使は新見正興、副使は村垣範正、監察は小栗忠順。

一行はアメリカ船ポーハタン号に乗り、万延元年(1860)正月十六日に品川出港。閏三月、パナマ地峡を汽車で横断。四月三日、ワシントンにおいて批准書交換を果たし、帰途は大西洋、印度洋を経由して、九月二十七日に品川に帰港した。

勝海舟はこの時、咸臨丸で使節一行と一緒にアメリカへ渡った。

以下、渋柿園の「幕末の江戸芸者」の続きを挙げる。

「(重五郎は)その後亜米利加へ行く事となたので、私も其時家の者に連れられて赤城下の重五郎の屋敷で催された宴会に臨んだ。それは丁度私が十一歳の折であった。
行って見ると多勢重五郎の同僚が列んで居た。酌人も十五六人居て中々賑やかであったが、其中に臈たけて美しいと幼な心にも思った一人の女がゐた。多くの酌人は皆其人を敬って丁寧に話をしかける。今で云ふ幇間役の御坊主は追従じみた事を云って、切に其女の御機嫌を取って居た。それから程なく盃が廻って此女は酌人の弾く三味線に連れて、何か唄を小声で唄ったが、それは何の唄であったかよく覚えて居ない。列座の人々は盛に手を拍って其唄ふのを褒稱(ほめはや)した。
宴は今の時間で三時間程続いたが、此美人は其間に三四度派手な着物を着替へた。連弾(つれびき)の酌人は座を共にするのを身に過ぎたる光栄と悦んで居る模様であった。
後で私が此女の素性を聞くとこれが柳橋の芸者であった」

この文章から、この赤城下の重五郎の屋敷で催された宴会は、重五郎が日米通商条約批准交換のためにアメリカへ派遣される使節に随行して海外へ出発する、その歓送会だったと思われる。

赤城下とは牛込の赤城神社がある赤城元町の西隣の町で、そこに重五郎の屋敷があったようだ。

渋柿園がこの宴会に連れて行って貰ったのは十一歳の時だったとあるが、渋柿園は嘉永九年(1848)の生まれであるから、十一歳というのを数え歳とすると、安政五年(1858)のことになる。

しかし、重五郎が遣米使節随行を命じられたのは安政六年九月であるから、その時、渋柿園は十二歳になっていなければ可笑しい。

この「幕末の江戸芸者」が書かれた大正の初年頃は、年齢表示は数え歳が普通だったから、或いは渋柿園の記憶違いか、どうか。

この記事の内容からすると、幼い渋柿園の心に深い印象を残した此の芸者は、その宴会を取り仕切る裁量を任せられている女性で、それ程の芸者ならば、かなりその名が知られた芸者だったと思われる。

時代的にも、先に挙げた「柳橋の昔」と一致するので、その頃、屈指の芸者といわれた、お栄、おたけ、お金、大幸の中の一人と考えてよさそうである。

引き続いて、渋柿園は次のように書いている。

「此勢力のある芸者の馴染客は主に諸侯の御留守居役、八丁堀の町与力、金座銀座の役人なぞで、御客が芸者の情人(いろ)にならうと云ふのには少くとも二三年の間四季の着物を貢いでやらなければ特別の関係は出来るもので無かった。(中畧)此時代は芸者に権威があってそれが又よく遊客の間に認められて居たものであるが、今では什麼(どう)だかよく私は知らない」

以上、三回に亙って幕末の柳橋芸者の風俗の一端を古い資料から拾ってみた。

第135話 『柳橋芸者(ニ)、芸者風俗』

 柳橋芸者の風俗について、「柳橋の昔」には次のようにある。

「頭髪は若きは高髷の島田、年を取たるは潰しの島田なり。何れも白魚を髷に、簪を一本(珊瑚珠の玉に金脚ぐらひは挿たり)前に挿たり。今とは違ひ其頃は頭髪を結ばねば座敷へは出ず料理屋にても呼ばぬ事と成居たり。假令(たとえ)馴染の客にても、今日は頭髪を結ずに居りますが宜しう厶(ござ)いますかと、一応は断りたるものなり、洗ひ髪よし束髪結構、いてふ(銀杏)返し、道磨(だるま)返し、櫛巻、何でも苦しからずと云ふ今日の如き状態にては無りしなり。
 櫛の如きも今の如くきらきらしたのを好まず、是真の下画に弧民の蒔絵、其頃の價にて二十五両位も掛りたるを目立たぬやうに差たり。
 柳橋は裾模様、変り裏を禁じられてありしかば、裏は花色絹に限りたり。或芸者(たしかお栄かと思ふ)正月の春着に裾模様と見せる意匠にて、表は黒縮緬の無地、褄下を折返せば、同じ黒地に玉椿を染出したる着物を着たりしが、穏ならねばとの注意があって三ヶ日だけ着て止めたり。
 此ころ最も意気な形と言へば、藍返し毛万二ッ割の二枚襲に塩瀬の袱紗帯、赤しつた鹿子の長襦袢等なり、塩瀬の袱紗帯は京都まで織に遣りたるものにて、其頃ですら一本五十両位は掛りたり。但し一機(はた)三本にて其以下は注文に応ぜざりしゆゑ、一本の帯に百五十両を投じたる訳なり。
 唐棧の乱竪縞また意気にて有たり。(中畧)
 芸者は素足に限りたり。客の前へ足袋を穿て出るは失礼と心得たるなり。深爪を取て紅を差たるなど奇麗にて有たり。蘭蝶の新内にも「素足も野暮な足袋となり」とあり。
 柳橋にては白襟を禁じられて有ったれば、薄鼠、又は薄藍等さまざまに工夫したり其を吉原あたりにても意気なりとして真似る事とは成たるなり。
 今日の如く乱脈にては非ざりしなり。柳橋は柳橋だけの風紀あっても、若し之を犯す者は、名主より営業止を命ぜられたるなり。さればとて枕席に侍さぬと云ふ訳にても無りしが、先づ客一人、情夫一人と定たり。而して是等の密会所は船宿と極て有たるが、其すら厭ふ客は遠く新宿、向島等まで出掛たり。今の客は只だ肉慾のみを貪り、昔の客は情を弄びたるものなり。(中畧)
 柳橋の橋手前(両国寄の方なり)に桝田屋、新上総屋、万年青屋等十四五軒の船宿、軒の並べたり。船宿とは名ばかり其実今の待合なり。唯今の如く高楼大厦ならず、六畳に四畳、三畳くらゐの二階にて女中二人くらゐを使ひ、万事手軽にて有たり。船は山谷堀まで片程(かたみち)猪牙舟三百文、屋根船六百文、船頭二人の時は此二倍なり。
 柳橋は昼一分、夜一分の玉代にて祝儀は上等の芸者二分、下等一分なり。一ヶ月の収入凡そ四十両位なりしと云ふ。
 深川は一般にいなせなりしが、柳橋は立花町の踊子の余風ありて上品にて有たり」(芸者のエピソードに関する部分は割愛させて貰った)

 以上の文中に、是真の下画に弧民の蒔絵とある、是真とは柴田是真(1807~1891),弧民とは胡民で、中山胡民(1808~1870)のことである。

 柴田是真については説明するまでもないと思うが、中山胡民は原羊遊斎の弟子で号を泉々と云い、精巧緻密な作品で知られている。

 裏は花色絹とある花色とは縹(はなだ)色のことで、藍系の色である。
 毛万は華鬘(けまん)で、花を糸などに通した飾りのこと。

 赤しつた鹿子の長襦袢とある、赤しつた鹿子とは赤疋田鹿の子のことのようである。『女芸者の時代』では、そのまま、赤しったの鹿の子と、しったに傍点を打って引用しているが、しったとは疋田を「ひ」と「し」の区別がつかない江戸弁でいった言葉と思われる。

 この『趣味研究 大江戸』の「柳橋の昔」のすぐ前に、塚原渋柿園が「幕末の江戸芸者」と題して書いている。
 塚原渋柿園(1848~1917)は東京日日新聞の記者で、その後、歴史小説で名を成した明治時代の小説家である。

 塚原渋柿園といっても今は殆ど知る人もいないだろう。『漫談明治初年』(同好史談会編、昭和二年刊)という本に元新聞記者の荻原有仙子が「明治初年の新聞記者」と題して書いている中に塚原渋柿園について次のように出ている。

「『日日』で小説を書いて光ったのは、塚原渋柿園で、あの人は何でも出来る人で、才子で学者だった。お父さんは医者でした。渋柿園のために『日日』の小説はあの人と福地が書いたので他から買はなかった。外の新聞はみんな社外の人から小説を買ったものです。『日日』では私の居る時分には決して買はずに、凡て塚原が書いてゐた。その後に塚原が歿(な)くなって、小説をかかなければならんといふので、桜痴居士(おおちこじ)が書いた」

 とある。文中、福地、桜痴居士とあるのは、いずれも云うまでもなく、福地桜痴のことである。

 さて、塚原渋柿園が書いた「幕末の江戸芸者」に話を戻すが、最初に、「江戸時代の事を調べると種々面白い話がある」とあって、黒船の渡来で幕府が打った姑息な手段がいずれも中途半端に終わっていることに触れた後で、「幕府の武士と一口に呼ばれて居る中にも、細く云ふと役人と番士との区別がある、番士と云ふのは殿中の間を見廻ったり大手や見附の番をしたもので、其中で学問があり気量ある者が撰ばれて役人となって居た。其時代に芸者でも呼ぼうと云ふのは、主として此役人の連中に限られて居たものである」

と書いて、そのエリート役人になった塚原一族の一人、塚原但馬守重五郎の逸話を挙げて、その経歴、人柄などの説明している。

 重五郎について、渋柿園は「私の同家に塚原但馬守重五郎と云ふ中々度胸のある人が居た」といっているだけなので、重五郎が塚原一門の人間であることはわかるが、渋柿園の父の兄弟なのか、母の兄弟姉妹なのか、つまり渋柿園と叔父、甥の関係なのか、或いは従兄弟同士なのか、はっきりはわからない。

 塚原重五郎は日光奉行をしていたことがあったようだ。以下、原文。

「(重五郎が)一度日光の奉行をして居た時例の築波一揆が一千人ばかり日光山に押し懸けて来た、浪人の心中では日光は霊廟のある所だから、日光に立籠ったならば幕府の方で手足が出せまいと考へたらしい。これを知って重五郎は此浪人達に「味方をしませう」と陽(いつわ)って、密かに部下に命じて神橋の大砲を三門据へさせて置いて、それから後で「さあ三人宛御渡しなさい」と云って嚇(おど)した。この権謀は見事に成功して浪人は日光から大平山に去り、それから築波山に立籠った」

第134話 『柳橋芸者(一)、柳橋花街』

 戦後、花柳界がもっとも盛んだったのは昭和四十年頃ではなかったろうか。

 確か昭和二十四年、それまで裏口営業だった料理飲食店の営業が再開となり、花柳界も復活。その後、間もなく朝鮮戦争の軍需景気で奇蹟的に戦前のレベルに回復した。以後、池田首相の所得倍増論や神武景気、岩戸景気などといった好況の波に乗って、昭和四十年前後にそのピークを迎えたものと思われる。

 前にも書いたが、その頃、「三コ」という言葉が流行った。「三コ」というのは、コの字の付く三つのこと、小唄、碁、ゴルフで、その三つのことが出来ないと会社の重役にはなれないといわれた。

 その頃は会社の交際費も、今よりはるかに自由に使えた時代で、客の接待は花柳界で芸者を侍らしての宴会、宴酣わになると、今のカラオケさながらに小唄が次々と披露される。

 宴会の度に、いつも馬鹿の一つ覚えのように同じ唄ではみっともないので、師匠について新しい唄を稽古して貰う。重役が小唄の稽古に励むと、部下も右へ倣えで小唄を習う。
 小唄ブームが起こって、雨後の筍の如く、小唄の家元が出来て、一時は百近い流派があったと聞いている。

 好景気に支えられて、東京中のちょっとした花柳界は、年に何回か、都心の劇場を借り切って、その土地の芸者総出演で踊りの会を催すようになった。
 新橋の東をどりは戦前から有名だが、赤坂は、みのり会。柳橋は、みどり会。芳町は、くれない会。下谷は、さくら会。浅草は、浅芽会、などといった。

 そんな好況に陰りが差し始めたのは、昭和四十年のオイル・ショックだったろうか。
 その後の約三十年の間に、東京中に数多くあった花柳界は景気の後退、バブルの崩壊などに依り、殆どは凋落の一途を辿り消えて行った。

 政治家や財界人で賑わっていた新橋、赤坂でさえ、往年の面影は全く無く、況や中小の花柳界に於いておやで、今や花柳の巷の華やいだ噂話は僅かに、神楽坂、浅草、向島にその一端を仄聞するのみとなった。
 新橋、赤坂と共に三大花街といわれ、又、新橋と新柳ニ橋などと稱された柳橋の花柳界も既に数年前に姿を消してしまった。
 
 柳橋は、江戸時代からの伝統ある色街だった。
 柳橋という橋は、神田川が大川(隅田川)に合流する手前の河口に架かっている橋で、橋を挟んで北側の川沿いは台東区で、南側は中央区になっている。

 昔は橋の南北両側に貸席、料亭が建ち並び、それらを総稱して柳橋の花柳界といったのだが、次第に花街の中心は北側、今の台東区の方へ移って行ったようである。
 江戸時代から明治にかけて、書画会やお浚いなどの催しで知られた万八楼もその北側にあった。

 柳橋芸者の起源について、『女芸者の時代』(岸井良衛著)という本では、太田蜀山人の『金曽木』の記事を引用して、薬研掘や橘町の芸者を嚆矢としている。
 柳橋の花街が盛んになったのは、水野越前の天保の改革で、殷賑を極めた深川の色里が取り潰しになったことに因るようで、『女芸者の時代』には、

「天保十三年(1842)三月十八日に深川の岡場所が取払いになるまでの柳橋の芸者の数は僅かに十四、五人にすぎなかったといわれている。
 その前の年の十二年の十月七日には、堺町から出火して、葺屋町など芝居町は全焼して、翌十三年二月三日に、芝居町は浅草へ替地と決まって、それまでは芝居町で繁昌していた芳町がさびれ、次に深川が取払いとなったので、柳橋の色町が俄に繁昌して、安政頃(1854~1859)には芸者の数は大小合わせて百人といわれた。
 その頃、全盛の芸者は、お栄、おたけ、お金、大幸(三遊亭円朝の妻となる)、少し時代が下って、お愛(松平容堂の妾)」

 これについて、成島柳北の『柳橋新誌』初編(安政五年に書かれた)の序文には次のように出ている。漢文なので読み下し文を挙げる。

「古に微にして今に盛なる者も亦有り焉。柳橋是れ也。凡そ物の太だ盛にして頓に衰ふる者、復た興らざること靡し矣。諸を将家に譬ふれば猶を新田氏のごとき歟。乃ち今の柳橋は亦深川の死灰再び燃ゆる者にして、其の盛殆んど其の旧に踵ぐと云ふ。噫今にして、其の盛を記せずんば、乃ち亦五年十年を過ぎ、安んぞ知らん凋零して今日に如かざるを」

 今既に柳橋の花街がその姿を消してしまっていることを思うと、この文章が一そう身に沁みて感じられる。

 前出の『女芸者の時代』からの引用文は、出典を明らかにしていないが、実は関東大震災前の大正二年に出版された、『趣味研究 大江戸』(江戸研究会編纂)という本に載っている榎本破笠という人が書いた「柳橋の昔」の内容をそのまま写しているようだ。

 その「柳橋の昔」の該当する部分は次のようになっている。

「水野越前守の御主意前までは、微々たるものにて、僅かに芸者が十四、五人ありし而巳なりとぞ。十三年の御主意にて深川潰れ、葭町は芝居町の移転と共に寂れたより、柳橋俄に繁昌して、安政頃には大小芸者合せて百人と言ひたり。柳橋は芸者と云ず、都て酌女なり。(尤も普通は芸者と云ひたれど)元来芸者と云ふは櫓下と吉原に限りたるものなり、櫓下とは芝居町なり。故に猿若町の芸者は公然たる芸者なれど、山谷堀の芸者は土地続に有りながら酌女にて有りたり。扨此の芸者と酌女とはそれぞれ区別の控を立られたり。第一、吉原、芝居町の芸者は假令馬爪(ばず)にても笄を差たれど、柳橋を初め葭町、日本橋等の土地にては堅く禁じられたり。故に柳橋の芸者は笄の替りに白魚(しらお)と云ひて、一方の端に耳の附たる笄類似(但し簪よりは短し)の物を鼈甲にて造りて差たるなり。第二、柳橋其他の岡場所にては着物の裾模様、又は替り裏白襟いづれも御法度なり。第三、吉原芝居町にては三味線を長箱(黒塗)の侭箱夫に提させたり。其頃屈指の芸者はお栄、おたけ、お金、大幸(三遊亭円朝の妻)少し下っては居たれど容堂公の妾と成たるお愛等にて有りたり」

 とあって、文語体と口語体の違い、話の順序の違いはあるものの、内容は同じといってもよいようだ。(「柳橋の昔」に出ていて、前の『女芸者の時代』に出ていない事柄も、同書の後の方に出てくる)

 両書に出ている柳橋を代表する芸者は『柳橋新誌』初編に出ている大妓(一本)の中にその名がある。(大幸は阿幸のことか)
 又、柳北は『柳橋新誌』第二編の中で、文久二年(1862)の夏に、友人の柳春三と戯れに柳橋芸者二十四人を花に見立てて花信評を作ったと書いている。

 お栄の名はその中にはないが、お金は梅花、お幸は桜花、お竹は蓮花に比してある。(お愛は明治になってのことか)
 又、「柳橋の昔」の文中に、馬爪とあるのは文字通り馬の爪で、それで鼈甲の模造品を作っていたのである。三味線箱を運ぶ箱夫とは箱屋のことである。